このサイトは中古車査定に関係するサイトであります。

ASSESSMENT CARタイトル画像

車(中古車)買取と下取

車を手放す方法として買取と下取の2つの方法があります。
買取といっても、中古車専門店や中古車買取店、特定した中古車種の専門店、最近ではインターネットオークションなども多く見られ、下取にもメーカー系の正規ディーラーや中古車専門店などがあり、それぞれに対してメリット、デメリットがあります。他にも廃車を買い取る廃車買取お任せの専門店といったところもありますが、ここでは買取と下取についてご説明します。
中古車の購入や売却の予定がある方は、中古車情報収集の一つとしてお読み下さい。

買取

買取とは今現在乗っている車を査定して売却し現金にすることをいいます。
買取価格は、その店のジャンルによって多少変わることがあり、基本的には業者間の相場を基準に中古車の装備や走行距離、ダメージなどを査定して算出します。
中古車買取店の特徴として、メーカーや中古車の車種を問わずに市場における人気や中古車の状態によって査定に反映しています。
そのため、流行に即した中古車なら思いの他高く売れたりします。
それに純正品以外のアルミホイールやエアロパーツ・カーナビのパーツ、チューニングなども査定に評価され、中古車の買取価格が上がることもあります。
ミニバンなどの人気車や年式の新しい車は中古車買取店の方が査定が高く、買ってくれることが多いので違うメーカーの車に買い換える場合は中古車買取店の方が良いだといえます。 また、事故歴がある中古車やマニアックカーなど、そういった中古車専門店があるので、いろいろと査定情報を集めてから売却する方が良いと思われます。

 

下取

下取とは今現在乗っている車を次に購入する車の販売店に売却し、新しく車を購入する資金にすることをいいます。
下取価格は正規ディーラーの場合、各販売会社が持っている下取基本価格表を基準に、車種や走行距離、ダメージなどを判断して算出します。
買い取りも下取も、どちらも車を売ることには変わりはないのですが、買取専門店との大きな違いは、下取価格のシステムにあります。
新しい車を同じ販売店で購入するのが前提となるので、業者間の相場に左右されないという一面があるので、下取価格の方が安定しているともいえます。
しかし、車の正当な評価が反映されずに新車価格と下取価格がはっきりしていないので、 人気の車なら下取価格よりも買取専門店で売却した方が高いということが多くあり、それにディーラーの場合は社外品のパーツについて、ほとんど査定にプラスされないというデメリットも存在します。

 

中古車の買取と下取どちらが良い

中古車の買取や下取も共通していえることは、基本価格設定が高ければ高いほど良いということです。その決め手になるのが中古車の車種やグレード、年式、走行距離、色、メーカー純正品のオプション、MT・ATのミッションなど、それに流通量も大きなポイントになります。
そういったことを含めて、多くのネットワークを持っている中古車などの買い取ってくれる、大型買取専門店が良いと思われますが、一概にそうともいえません。 ディーラーよっては同じメーカーの中古車を高く下取してくれたり、買い替えキャンペーンなどで下取価格がアップしている場合もあるので、そういった値段を比較するためにも複数の中古車買取店で無料査定を受けておいた方が、どこのお店が査定高く、買い取ってくれるのか知ることができるので高く売ってから次の車を購入するようにした方が良いと思われます。

 

Valuable information

株式会社NEXERについて知る

2017/8/17 更新

このページはLINK FREEです。