このサイトは中古車査定に関係するサイトであります。

ASSESSMENT CARタイトル画像

車(中古車)のメンテナンス

車(中古車)に乗って気を付けて運転していても「事故を起こしてしまったり」「ボディーをガレージにぶつけたり」などいろんなアクシデントがあると思います。 そういった場合、車(中古車)を査定して高く売れないと考える人がいると思いますが、日常からちゃんと修理や補正など行っていれば、事故車と判断されないで、思ったよりも高い価格で引き取ってもらえることがあるのです。 もし、過去に事故や修復歴があるという理由で買取は不可能だといわれてしまった場合は廃車になります。 廃車の手続きも等ありますので、早めに廃車業者さんにお願いて処理してもらいましょう。

 

帳簿

その車(中古車)がちゃんとしたルートで売買されているのか、また、車検を受けているのかなど確認する書類であります。 新車時に渡される取扱説明書・整備記録簿・新車保証書が手元にあり、それにちゃんと整備を行った上で記録簿に記載されていれば評価は上がり、反対にそういった書類が明確でない場合は査定が大幅にダウンしてしまいます。

 

整備記録簿

これまでに受けた整備記録が記載され、点検個所や走行距離、手に渡ったオーナーの数など知ることができます。 国産車なら保証書も一緒になっている場合が多く、正規のルートで売買された証になります。 保証書に車体番号や販売店の印がない場合は査定額も下がります。

 

定期点検・車検証

登録年月と車検有効期限を確認し、普通乗用車の場合、登録して最初の車検は3年後、それから2年ごとのサイクルになります。
このサイクルと車検証の年月が離れていると、長期間使用されていない可能性があり、長期間動かしていない車(中古車)は、オイル類の循環やバッテリーなどに悪影響を与え、サビの進行にも悪影響を与え、査定額のマイナスの対象となります。 オイル交換や定期点検をまめに行っている車(中古車)は査定士の印象度が上がります。 それに点検を受けたときはしっかりと記録簿に内容を記載してもらい、また、メーターを交換した車(中古車)は特にこれらの帳簿が重要になってくるので必ず記録簿に記載してもらうようにしましょう。
普段はあまり気に止めない項目ですが、そういったものは必ずチェックされるのでちゃんと記載し、準備するようにしましょう。

 

手入れ

 

室内環境・シート

タバコやペットなどによる室内の匂いやシートの汚れ、各種内装品の消耗具合などチェックします。
ヤニ汚れ専用のクリーナーや脱臭剤を使用してキレイに掃除をしましょう。
それにマット類の汚れやカビなども専用のクリーナーで落とすようにしましょう。

 

トランクルーム

査定の際、トランクルームのシートを外して、パネルの歪みや塗装の跡などチェックします。
ここに雨漏りなどがある場合大幅に査定額が下がってしまうので、そういったことがあれば、すぐに修理するようにしましょう。

外装

常に気にして洗車をしている人も多いと思いますが、1円でも高く売りたい!っと思う方はぜひ一度こだわった洗車をしてみてはいかがでしょうか?最近ではイオンコーティング剤やワックス、ガラスコートなど新品のような輝きになるものもあり、こだわる人はカーショップで自分は絶対これを使う!という人もいるようです。

注目サイト

東京金買取比較ネット

最終更新日:2017/8/17

このページはLINK FREEです。