このサイトは中古車査定に関係するサイトであります。

ASSESSMENT CARタイトル画像

車(中古車)の売却・名義変更の書類

車(中古車)を売るときや名義変更手続きを行うときに、さまざまな書類などが必要で、必要書類に不備があれば車(中古車)を査定して売却することができないので、早めに必要書類など用意して、スムーズに車(中古車)を査定し、売却するように準備しましょう。
ですので、まずは何が必要か、どのような手続きをするのかをしっかりと把握しておきましょう。

必要となる書類

 

自動車検査証(車検証)

自動車検査証(車検証)は国土交通省の定める自動車検査(車検)に通ったときに交付される証書のことであります。
公道を走行するときは必ず携帯していなければならない書類で、車検が残っている場合や一時抹消登録(廃車)していない場合、自動車検査証(車検証)は必ず必要となるので、もしも紛失や盗難などで失くした場合は運輸支局(陸運局)で再交付してもらうようにしましょう。
※廃車(一時抹消登録)している場合は、自動車検査証(車検証)の代わりに一時抹消登録証明書が必要となってくるので注意しましょう。

自賠責保険証明書

自賠責保険納入証明書(自動車損害賠償責任保険証明書)は車(中古車)を公道で走らす際に必ず加入しなければならない自動車保険(強制保険)の加入証明書のことで、車検時に自賠責保険にも加入すると思うので、車検が残っている車を査定に出して売る場合(名義変更手続き)は必ず必要となる書類であります。
もしも紛失してしまった場合は加入している保険会社に連絡して再交付してもらうようにしましょう。

 

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書は毎年、「4月1日」に運輸支局に登録されている自動車(軽自動車を除く)所有者に対して課税される自動車税を納付したことを証明する書類のことで、車(中古車)を売却・名義変更手続きをするときには必ず必要となってくる書類であります。
自動車税は毎年5月中旬以降に納付書が送付されるので、納付した場合は大切に自動車納税証明書を保管しておくようにしましょう。
もしも自動車納税証明書を紛失した場合は、各都道府県の税事務所(運輸支局内にあります)で再交付してもらうようにしましょう。
※軽自動車の場合は「軽自動車納税証明書」が必要となってきます。

 

実印

車(中古車)を売却するときに必要となる「譲渡証明書」に捺印するために、査定して、売却するときには車所有者の実印を用意するようにしましょう。

 

印鑑証明書

「譲渡証明書」に捺印するために車(中古車)を査定して売却・名義変更手続きのときに実印が必要となるのですが、その印鑑が実印であることを証明するための「車所有者の印鑑登録証明書1通」通常は発行後3ヶ月以内のものが車(中古車)査定して売却するときには必要となってきます。
もしも、まだ印鑑登録していない方は、ご自身が住んでいる各市町村役場で申請すれば簡単に印鑑登録することができます。
料金は各市区町村によって異なってるのですが200円~500円ぐらいで印鑑登録することが可能であります。
※印鑑登録証明書は通常1通必要になってきますが、場合によっては2通必要になることもあるので、事前に確認するようにしましょう。

 

譲渡証明書

譲渡証明書は車(中古車)を譲渡や名義変更するときに必ず必要になる書類で、中古車買取専門店などに査定して、下取りしてもらうときはディーラーや中古車買取業者が用意してくれるので自分で用意する必要はないのですが、個人間で車(中古車)を売買する場合は運輸支局(陸運局)などで手に入れることができます。





必要となるかもしれない書類

 

住民票

車検証に記載されている所有者などの住所と印鑑登録証明書に記載されている住所が違う場合は、本人同一性の確認のために車検証の住所と現住所への繋がりが分かる住民票が必要になってきます。
また引越しを何度も行ったので住民票で繋がりが確認できない場合は「住民票の除票または戸籍謄本の附票」が必要となり、結婚や離婚などを行って名字が変更した場合、車検証の氏名を変更をしていないときは「戸籍抄本または謄本」が必要となってきます。
※住民票は現住所の市区町村役場で取ることができるのですが、住民票の除票は車検証の住所の市区町村役場、戸籍謄本(抄本)は本籍地の市区町村役場でしか取れないので注意しましょう。

 

所有権解除書類

ローン(クレジット)などで車(中古車)を購入し、車検証の所有者の欄が「ディーラー・販売店・ローン会社」などになっている場合「所有権解除書類」が車(中古車)を査定して売却するときに必要になります。
この場合、ディーラーは販売店などに連絡して所有権解除書類を用意してもらいましょう。

 

委任状

車(中古車)の名義変更は所有者が行うことが原則なのですが、車(中古車)を査定して売るときに中古車買取店やディーラーの場合は、中古車買取り店やディーラーが実務上、名義変更を行ってくれることが多く、名義変更の代行を依頼したことを証明するための「委任状」が必要になってきます。
委任状は中古車買取り店やディーラーが用意してくれるので、その委任状に署名捺印(実印)するだけで良いのです。

 

その他

・預託済み(支払済み)のリサイクル券
・車(中古車)を査定して売却したお金が振り込まれるご自身の口座番号
・相続に関する書類(相続などで他人名義の車(中古車)を査定して売却するとき)

 

Favorite

相模原 注文住宅

ダイヤ買取、売却はカラット毎の価格表が明確な七福神

最終更新日:2018/9/20

このページはLINK FREEです。