このサイトは中古車査定に関係するサイトであります。

ASSESSMENT CARタイトル画像

車(中古車)を売るタイミング

車(中古車)を売るタイミングはいつが良いのか、車(中古車)が高く売れるタイミングはいつなのか、人それぞれ状況が異なり、乗っている車(中古車)の車種なども違うのでどのタイミングで売却すれば良いのか、参考にしてみてください。

 

売りたい

中古車の買取り価格(相場)は常に変動しており、基本的に時間が経てば経つほど年式が古くなり、価値(査定額)が下がるので、売りたいときに査定して売るのがベストだといえます。
確かに季節によって車(中古車)の相場が上がる車種もあるのですが、夏のオープンカー、春先の軽自動車、コンパクトカーなど、必ずしもその季節前に売ることがベストな車(中古車)を売るタイミングとはいえません。
例えば、夏に買取り相場が上がる車(中古車)だからといって、本当は冬に売りたいのに夏まで待ってから売れば、走行距離も増えているので、年式も1年古くなり、結局は冬に売っても夏に売っても買取り価格が全然変わらなかったり、もしくは冬に売っていたほうが高く売れたという可能性もあるのです。
※中古車の買取り価格(査定額)は日々変動しているので、例えば平成20年8月に査定してもらって50万円の買取り価格(査定額)だったとしても、1ヶ月後の平成20年9月に査定してもらった場合にも50万円の買取り価格(査定額)になるとは限らなく、通常は下がるので、車(中古車)を少しでも高く売りたいと思ったときは早めの決断も必要になってくると思います。

車検前

車検の残り期間は確かに中古車の買取り価格(査定額)に影響しますが、だからといって車検が近い車(中古車)を車検を通して売ったからといって、その車検の法定費用・手数料・整備修理費用などの全額が買取り価格(査定額)に上乗せされることはないので、車検が近い車(中古車)は車検に通さず、車検前に売るのが一番ベストなタイミングなのかもしれません。

 

決算時期、ボーナス

車業界に限らず日本の企業は一般的に3月決算となっていることが多く、また9月は中間決算の時期なので、この決算時期は新車購入がもっとも有利な時期なので値引き交渉がし易く、中古車販売が延びる時期でもあるので、需要と供給の関係から中古車買取り価格が少し高めの価格(査定額)になることが多いみたいです。
また、この決算時期は「どのような車でも何万円以上で下取りします」といったキャンペーンを行うことが多く、通常は値段が付かないような「低年式車・過走行車・不人気車」などに乗っている人で車(中古車)の買換えや乗換えを検討している方はこのようなキャンペーンを利用すれば車(中古車)を査定して売却するときに通常よりお得な価格(査定額)で下取りしてくれることもあるそうです。

 

モデルチェンジ

マイナーチェンジやフルモデルチェンジなどモデルチェンジが行われると必ず旧型の車種の買取り価格(査定額)は下がりますので、少しでも車を高く売却したい場合はモデルチェンジする前に売却しないと大損してしまう可能性があるので、車を売るときはモデルチェンジがあるのか確認するようにしたほうが良いといえます。 それに同車種だけでなく、ライバル車のモデルチェンジが行われる場合も買取り価格(査定額)が下がることが多く、新型のライバル車へ乗り換える人が増え、市場に旧型の同型車が増えるため、テレビのニュースやCM、インターネット、車情報誌などで、現在自分が乗っている車種とライバル車のモデルチェンジ情報も確認し、車(中古車)を査定して売却予定がある場合はモデルチェンジする前に売る方が一番良いタイミングだと思います。
思い通りの金額で売却できなかったり、買取は不可能だといわれてしまった場合は廃車になります。廃車の手続きって何かと大変なんです。 状態がいい場合、下取りしてもらえるかもしれませんので、信頼できる廃車業者さんにお願いしましょう

 

recommend

葬儀

2017/8/17 更新

このページはLINK FREEです。