このサイトは中古車査定に関係するサイトであります。

ASSESSMENT CARタイトル画像

車(中古車)査定額アップ

車(中古車)の査定をする査定士も人間なので、手入れをしていない汚れた車(中古車)より、キレイな車(中古車)の方が良い印象を持つのは当然だと思います。 だからといって、難しく考える必要はありません。 日頃のメンテナンスと合わせて、査定前のちょっとした気遣いで車(中古車)の査定額もアップするのです。 




エンジン

エンジンルームは車(中古車)の心臓にあたる部分なので、そこを見れば、その車(中古車)がどのように乗られていたのか、一目でわかることができ、事故の修復歴も確認することができます。

 

エンジンルーム

一番のチェックポイントはボンネットの歪みやネジの着脱、塗装、板金の跡などで、制御に関わる場所だけに少しでも異常があれば、念入りに確認作業が行われます。 いくら上手く補修を行っていても、プロの目で確認すれば直ぐに分かるので、ちゃんと申告していた方が査定士の印象も悪くなくなります。

 

フレーム

衝突や突き上げによる衝撃を判断し、修復歴にあたるかどうかをチェックし、それにアフターパーツの取り付けなどの無理な加工がされていないか確認します。

 

エンジンオイル・ベルト

エンジンオイルのモレや滲みがないかチェックし、タイミングベルトやファンベルトなどの破損や緩み、ゴム製のパーツのヒビがないかなどチェックします。 それにエンジンをかけ、各部から異音が発生していないかをチェックを行います。

 

エクステリア

車(中古車)のボディーはどんなに慎重に丁寧に運転していても、屋外を走行していれば必ず傷がついたり、色あせてきます。 そうなってくると普段のお手入れがとても重要になってきます。

 

ボディーのキズ

事故の修復した跡は大きな減点の対象になりますが、その他にもフェンダーやバンパー、ガラス、ドア、ミラーのキズ、ホイールの歪みやキズ、そしてサビなどがチェックされます。 キズによるフェンダーやドアなどのパーツ交換はマイナスになりますが、事故車とは判断されなく、ボディーのキズは修復可能な小さなキズであれば、減点の対象にならないことが多いみたいです。 ここで気を付けたいのは、板金などで傷や凹みを修復することで査定額はプラスになるのですが、修理費と比べてプラスになるのか確認してください。 また、修理の仕上がりが悪いとマイナスになることもあるので、気を付けましょう。 大きな傷や凹みがなければ、そのままにしておいた方が良いと思います。

 

塗装・洗車

日頃のお手入れで気をつけたいのが、海辺での長時間ドライブしたときに受ける塩分です。 塩分を放っておくと知らない間にフロアやマフラーがサビてしまい、最悪の場合、穴があくこともあります。 サビは大きなマイナスとなるので、そうならない為にも海へ行った後は念を入れて洗車するようにしましょう。 砂利などの細かいキズはほとんど減点の対象にはならないので、気にしなくて良いでしょう。 コンパウンドで磨けば、驚くほど簡単にキレイにすることができます。 ただし、磨きすぎて塗装が薄くなった車(中古車)や再塗装車などには逆効果になる場合があるので注意しましょう。 その場合はキズを埋める樹脂溶剤を伸ばすように塗り、コンディションによって「磨く」と「塗る」の方法を使って、気を付けて処理するようにしましょう。 また、査定の前に「ボディーの傷が目立つので洗車はしない方が良い」という人がいますが、もし車(中古車)を購入するときに水アカやホコリだらけの車(中古車)と丁寧にワックスがかけられている車(中古車)があった場合、どちらが良い印象を与えるのか、考えて査定してもらうようにしましょう。
査定士は車(中古車)を見るプロの前に人なので良い印象の方が査定額が上がると思います。 下手に小細工をするよりキレイに磨いて、大事に乗っていることをアピールした方が良いといえるでしょう。

 

パーツ類

車買取専門店では基本的に社外品のエアロパーツやマフラーもプラス査定となりますが、車検に適合するものが大前提となっています。 もちろん純正パーツや付属品がちゃんと残っていれば、査定は大きくアップします。 溶接などで外装パーツを交換した場合は大きなマイナスとなるので、板金塗装で修復可能であれば、修復しておいた方が良いといえます。

 

Valuable information

池袋 不動産

Last update:2017/8/17

このページはLINK FREEです。