このサイトは中古車査定に関係するサイトであります。

ASSESSMENT CARタイトル画像

車(中古車)の税金

車(中古車)には「自動車税(軽自動車税)・自動車取得税・自動車重量税」の各種税金が関わってきます。

 

自動車税(軽自動車税)

自動車税は、4月1日現在の所有者に車(中古車)の排気量に応じて課される税金で、4月~3月までの1年間の税金を5月に送付されてくる納付書で納付しますが(前払い)、廃車(抹消登録)、または車(中古車)を査定して売った時には売った月の翌月から3月までの自動車税が月割り計算して還付されます。
例えば、8月に車(中古車)を査定して売った場合、9月~3月までの7ヶ月分が還付され、1月に車(中古車)を査定して売った場合、2月~3月の2ヶ月分が還付されます。 また、660cc以下の車(中古車)の場合は自動車税ではなく軽自動車税が掛かり、軽自動車税は年額での税額となるので、廃車(抹消登録)、または車(中古車)を査定して売却しても還付されません。

 

自動車取得税

自動車取得税は新車や中古車を購入したときに、一定の割合の税金が課されるもので、車(中古車)を査定して売っても還付されません。

 

自動車重量税

自動車重量税は、自動車を新規登録や車検時に自動車の重量に応じて課される税金で、車検が1ヶ月以上残っているときに廃車(抹消登録)すれば残存期間に応じて還付されるのですが、車(中古車)を査定して売却しても還付されることはありません。

 

以上のことから車(中古車)を査定して売るときに関わってくるのが「自動車税」となるのですが、中古車買取業者に車(中古車)を査定して売ったときでも、自動車税が還付されることを知らないユーザーが多いので、名義変更などの手続きを代行してくれる中古車買取業者が還付されるはずの自動車税を返金しないこともあるので、車(中古車)を査定して売るときには必ず「自動車税が戻ってくるのか?」確認しておきましょう。

 

車(中古車)の自動車保険

車(中古車)を査定して売却すれば、今まで加入していた自動車保険について考えないといけません。
まず最初に強制保険である自賠責保険の場合、有効期間が1ヶ月以上残っていて廃車した場合は自賠責保険の残存期間に応じて、日割り計算によって返戻金を受け取ることができるのですが、車(中古車)を査定して売ったときは返戻金を受ける取ることができません。
一方、自動車任意保険の場合、廃車したり、車(中古車)を査定して売却したため、自動車任意保険を解約したときは当然、残存期間に応じて保険料が返還されるのですが、細かい所は直接加入している保険会社に確認するようにしてください。
もちろん車(中古車)の買換えや乗り換えの場合は自動車任意保険を解約せずに、契約内容の変更をすればよく、車(中古車)が変われば保険料が変わることもあるので、納車前に新しい車(中古車)の車検証を用意し、早めに現在加入している保険会社(損保)に連絡するようにしましょう。

 

自動車保険の見直し

車(中古車)を買い換えたり、乗り換えたりする場合は自動車任意保険の見直しを考えるのも良い機会だと思います。
自動車任意保険を選ぶときに重要視することは人それぞれ違うと思いますが、1社でも多くの保険会社の見積もりを取り寄せ、保険料やサービスなど比較して検討し、自分に一番適した自動車保険を探すようにしましょう。
しかし、各会社の見積もりを取り寄せて見ているのでは時間が掛かり、面倒だと思うので「自動車保険一括見積もりサイト」などを利用すると便利です。
自動車保険一括見積サイトは、1度の入力で複数の保険会社の見積もりを取り寄せることができ、時間を掛けないで簡単に比較検討を行うことできるので一度利用してみると良いと思います。

おすすめWEBサイト 5選

化粧品 oem

最終更新日:2017/8/17

このページはLINK FREEです。